どのようなスタイルで猫を飼うのか考えておこう

◆一戸建てに住んでいるなら時々庭で散歩させてあげよう
猫も本来、自然の中で生きていた動物ですから、本当は緑の中で自由に生きさせるのが一番幸せなのかもしれません。

でも、人間が猫を飼う場合には、飼い主がどんな家に住んでいるのかによっても飼い方が違ってきます。たとえば、庭付きの一戸建てに住んでいるなら、時々リードでつないで庭で遊ばせてあげることもできるでしょう。

しかし、マンションなどに住んでいて庭がないなら、完全室内飼いをする他に選択肢がないこともあります。

高層マンションなどで猫を飼っている人は、猫が食べて毛玉を吐きだすための草をベランダのプランターで栽培しなくてはなりません。近年では、猫の完全室内飼いを勧める獣医師も多くなってきました。

それは、猫の伝染病である猫エイズが流行しているからなのです。この怖い病気は、猫ちゃんを自宅から出さないことで感染を防ぐことができます。

その他、都会に自宅がある場合、自由に猫ちゃんが外に出ると車にひかれる確率が高まるのも猫の室内飼いが勧められる理由です。

飼い猫は、ノラ猫のように自由に外をかけまわった経験がありません。そのため、車が危険であることもまったく分かっていないのです。うちの猫も、家から逃げ出すとよくアスファルトの道路の真ん中に寝そべっていました。

危険きわまりないのですが、飼い猫はそれを理解していないことが多いので飼い主が外に逃がさないように気をつける必要があります。