仔猫は下痢をしやすいので注意しよう

◆仔猫が下痢をしたらすぐに動物病院に連れて行こう
時々、仔猫に牛乳を飲ませる人がいます。しかし、それによって下痢の症状を引き起こすことも少なくありません。

特に、外来種の仔猫はそうなることが多いといわれます。なぜ下痢になるかというと、牛乳の中に含まれる乳頭を上手に胃腸が分解できないためです。

実は、昔から猫に牛乳を飲ませる人はいました。本来は栄養分となる成分が多く入っており、人間にも体によいといわれます。

でも、仔猫の場合は下痢などを防ぐために、なるべく飲ませない方がいいでしょう。

特に仔猫は体力がないので、ちょっとした下痢でも脱水症状につながることがあります。その状態が続くと体力が弱ってきてしまうので、早めに獣医師に診せるようにしましょう。

牛乳を飲ませなくても下痢をする場合は、回虫などの寄生虫が原因となっていることもあります。

その場合は、動物病院に連れていけば駆除薬を処方してもらえます。もし、下痢だけでなく発熱や嘔吐の症状もあるなら、感染症を引き起こしているのかもしれません。

とにかく可愛い仔猫が命を落とす前に、なるべく早く獣医師に診てもらいましょう。早めに対処することで仔猫の生命を救うことができるのです。