猫の草があれば毛玉を吐きだしやすくなる

◆市販の猫の草を購入して栽培しよう
猫は、熱心に舌で毛並みを整えるグルーミングという行為をすることがよくあります。その時に飲み込んでしまった毛は、そのうち外に排出しなければなりません。

多くの場合、飲み込んだ毛は猫のウンチとともに外に排出されます。

ところが胃の中にそのまま残ってしまう毛も少しですが存在するのです。残った毛は、猫の胃の中で毛玉になっていることが多いです。スムーズにその毛玉を吐きだすのに必要なのが「猫の草」と呼ばれる青草を食べることなのです。

実は、猫が食べると害のある危険植物の種類はおよそ700種もあります。

ですから猫の身を安全に保つためには、パセリや燕麦、エノコログサ、ジャコウソウといった食べさせても大丈夫な猫の草を選んで育てる必要があります。

ホームセンターやペットショップに行くと、猫用の草がちゃんと販売されています。

完全室内飼いの猫なら、自宅の中で猫用の草を栽培して食べさせるのがいいでしょう。外に出られれば猫は勝手に雑草を食べますが、それでは体に害が出る危険性もあります。

やはり、安心できる市販の猫草を購入して栽培し、愛猫に食べさせるのがベストです。猫ちゃんの体を健康に保つためには、それが不可欠といっていいでしょう。