どれぐらいのお金を最初に準備しておけばいいの?

◆ワクチン注射代も含めた金額を用意しておこう
新しく猫を飼うなら、まず最低限必要となるのは猫トイレに猫砂、キャットフードに食器、爪とぎぐらいでしょう。

この5つを購入するのにかかる金額は、およそ3千円~5千円です。

この金額なら、お小遣い程度のお金があれば準備できますね。ただし、キャットフードと猫砂はその後も毎月買い続ける必要がありますから、それとは別におよそ2千円~4千円のお金が毎月かかることになります。

キャットフードにはさまざまな種類のものがありますが、少し高いものでも毎月大体4千円~5千円ぐらいあれば大丈夫でしょう。

飼うのが仔猫であれば、生後半年~1年ぐらいの間に伝染病を予防するワクチン注射も接種させる必要があります。これは強制ではなく飼い主の任意によって注射をするかどうかを検討できるようになっています。

三種混合ワクチンで予防できる伝染病は、猫伝染性腸炎、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症の3つです。

主に、獣医師の元でワクチン注射を接種しますが、その場合にかかる金額はおよそ4千円ほどです。猫ちゃんの医療費には保険が適用されませんから少し高めの金額ではありますが、接種することで怖い伝染病を防げるという大きなメリットがあります。

少しお金が高くかかっても、愛猫に接種しておくほうが安心だといえるでしょう。