30代の人がカルシウム不足になると起こる3つの症状

日本人はカルシウム不足と言われていて特に30代の働き盛りの人は深刻な状況にあります。

実際にカルシウム不足になっていても自分ではなかなか気づかないので対策しない人も多いです。

しかしカルシウム不足になると生活習慣病などにかかるリスクが高まってしまうのでしっかり対策しなければいけません。

そこで30代の人がカルシウム不足になるとどのような症状が見られるのか確認していきましょう。

血圧が上がる

日常生活の食事の中で塩分が多い食べ物ばかり食べているとカルシウムが排出されてしまいます。

カルシウムが排出されると塩分が優勢になってしまうので血液がドロドロになり血管にかかる圧力が強くなってしまいます。

それで血圧が上がってしまうので健康診断などで高血圧と診断された人はカルシウム不足になっている可能性が高いです。

高血圧になっている人は食事でカルシウムが多く含まれている食べ物を食べるようにしましょう。

些細な事でイライラする

日常生活の中で理不尽な事をされるとさすがに怒ってしまいますが、些細な事ならイラっとしても感情を抑える事が出来ます。

しかしカルシウム不足になると脳の神経細胞の働きが鈍くなってしまうので感情をコントロールする事が出来なくなります。

それで些細な事でもイライラするようになってしまうので該当している30代の人はカルシウム不足になっている可能性が高いです。

些細な事でイライラしていると感じたらすぐにカルシウムを摂取するようにしましょう。

歩いているだけで足がつる

激しい運動をしていると体に負担がかかるので足がつってしまう事も多いですが、歩いているだけでは基本的につる事はありません。

しかしカルシウム不足になっていると筋肉活動が低下してきてしまうので歩いているだけで足がつるようになってきてしまいます。

実際に歩いているだけで足がつる事が多い30代の人はカルシウム不足になっている可能性が高いのでカルシウムを摂取するようにしましょう。

いかかでしたでしょうか。

30代の人がカルシウム不足になるとこのような症状が出てしまいます。

小魚や豆腐などカルシウムが多く含まれている食べ物があるのでしっかり食べてカルシウム不足を解消していきましょう。

カルシウム摂りたいなら牛乳よりもサプリ